« サーカス | トップページ | オドロ木 »

2009年6月 9日 (火)

長すぎる冒険

かなり、かなり、かな~り長い日記です。

パナマで運転する際は、気を使うことが沢山ある車(RV)
見えにくい信号信号(作動していない時もある)、蓋が盗まれたマンホールの穴、ウインカー無しで車線変更してくる車、一方通行、左折禁止コーナー危険・警告、などなど。
渋滞が多く、スピードを出している事はさほどないので、大きな衝突事故なんかはそれほど心配ではないが、とにかく、左右、道路の状態、サイドミラー、バックミラーを素早く確認しながらのドライブをしている。


少し前から、「ここって、左折してもええのかしら、、、」と気になっていた車線があり、しかし結構多くの車がその線で左折していたため、ある日、普通に左右確認をし、車が来ていなかったので左折してみた。そしてその先で普通に信号待ちをしていると、交通整理をしていたはずのポリスのお兄ちゃんが近付いて来た。
「あ、やっぱりあかんかった?これから気をつけます~」ぐらいの気分で窓を開けると、
「免許証だして」と。。。そして、違反切符を切られることに。。
ポリスがお金をせびり免除してくれる事があるというウワサを聞いたことがあったが、同じように引っかかったおじさんが素直に違反切符を切られていたので、私も素直に受け取ることにした。


ここから、罰金を支払うまでが長~い道のり・・・。

「どこで罰金を支払うの?」とそのポリスの兄ちゃんに聞くと、
なんや、知らんのかといったトーンで、その切符の裏の説明書きを指差し、
「パナマ市内なら、ここと、ここと、ここで払える。ここなら、いちばん近いで。」と言う。
「罰金はいくらですか?」と聞くと、
「支払い場所で教えてくれる。僕は知らん。」

気分も沈みがちに帰宅し、スペイン語だらけのその違反切符を辞書で読解してみた。
~あぁ、こんな事態でも辞書なしには理解できないのかぁ。。。情けねぇなぁ~と、何故かどーんと落ち込む。
違反内容は47番と書いてある。
違反項目ごとに番号で区別されているようだ。
私の47番は、「Conducir de forma desordenada(秩序を欠いた運転)」ということなのだそうだ。。
ネットで調べたら、なんと75ドルだそうな。。。痛っあせあせ(飛び散る汗)


翌日、その兄ちゃんがいちばん近いと言ってた、「Plaza Concordia(コンコルディア・プラザ)」というモールの中にあるA.T.T.T.(Autoridad del Transito y Transporte Terrestre =交通運輸局?)の事務所を探すことに。
なかなか見つからないので、その辺のガードマンに聞いたところ、
「それは移動した。ここじゃなくて、アルブルックだ。」と言われたが、その言葉が信用できないので、再びモールの中をうろうろして探してみたところ、事務所があった!
やっぱりあのカードマンの兄ちゃんを信用しなくてよかった、と思い、そのATTTの事務所で並んだ。順番が回ってきたので、例の違反切符を見せたところ、
「これは、ここでは支払えない。”ろ・あんてす(los antes?)”で扱っている。」と言われ、追い返された。

「ろ・あんてす」って、どこじゃ、、、と思いながら帰宅し、なんだかどっぷり疲れて、もう一度違反切符の裏の説明書きをゆっくり読んでみた。

P1000405_3

「Usted puede pagar en cualquier sede de la A.T.T.T. y Caja de Ahorros(下記のATTTの各事務所若しくはCaja de Ahorroのいずれでもお支払い頂けます)」とある。
「Caja de Ahorro」ってなんじゃらほいと思い、ネットで調べると、パナマにたくさんの支店がある銀行のようだ。
その銀行のサイトによると、「ATTTの罰金のお支払いも各支店にて受け付けております」という。
この銀行の支店なら、そこいらにあるぞ!と思い、でもとりあえず、次の日の大学の授業の際に先生に確認してみることにした。


先生に違反切符を見せて説明したところ、
「あら!あなたも?!実は私も今朝、携帯で喋ってたら違反切符発行されちゃったわよ。」とのこと。
携帯使いながら運転したら、そりゃあかんやろう~、と思いながら、内心、仲間が出来た事を喜んだうまい!
先生はその朝、電話で確認していたらしく、「アルブルックのバスターミナルに行けと言われたよ」とのこと。
私が、ネットで調べたCaja de Ahorroのホームページの出力を見せると、「あぁ、ここでも払えるって書いてあるわね。ここに行けば大丈夫だわ。大学から近いところにも支店があるし。」
ちなみに、「”ろ・あんてす”というところはどこ?」と聞くと、「あぁ、それは遠い。」とのこと。


早速、後日、最寄りのCaja de Ahorroの支店へ。
きょろきょろしてると、「お伺いしましょうか?」と礼儀正しそうな女性行員が近づいてきてくれた。
違反切符を見せて、「これ、払いたい。」と言うと、
「あぁ~、これはもう当行では扱っておりませんのです。」と行員。
「え?他の店でも?」
「はい~。やってないんです。アルブルックでお支払いください。平日にね。」
「”ろ・あんてす”は?」
「そこもやってますが、とても遠いですよ。」
毎日持ち歩いている地図を広げて、”ろ・あんてす”の場所を教えてもらおうとしたけど、女性行員、お困り顔。
どうやらその地図の枠外のようだ。

アルブルックには、アルブルック・モールという広大なショッピングモールとバスターミナルがある。
そこまでの道もちょっと私は曖昧な上に、広いバスターミナルでうろうろとATTTを一人で探すのも億劫だなぁとブツブツ言っていると、夫が、「週末に一緒に探してみようか」と素敵な提案。
ある土曜日、夫のナビで私が運転しながらアルブルックへ向かった。
バスターミナルが見えてきたところで、
「え~、ここを右」
「了解!」
「あ、ちがったなぁ、左や。」
「あ~、もう遅いでぇ。。。。」
間違えて高速道路に乗ってしまい、全然違うエリアに到着してしまったりしたが、気を取り直してもう一度走り、なんとかアルブルックへ到着。
バスターミナルは、メキシコやプエルトリコなどへ向かう長距離バスも出発しているようで、色々な人が行き来している。ちょっとまた違う異国へ来た気分電球
P1000486

広すぎるなぁ、、、とあっけに取られていたところ、目の前にインフォーメーションデスクがあったので
「ドンデ・エスタ・あーてーてーてー?(ATTTはどこですか?)パラ・パガール(支払うためなんだが。)」と聞くと、すんなり教えてくれた。
ターミナルの端っこの方に、ATTTの事務所を発見ぴかぴか(新しい)
「もう場所も分かったし、これで、平日にもう一度、ここに払いに来るわ!」と
気持ちもスッキリしてアルブルックをうろついたところ、
駐車場にサーカステントを発見exclamation ×2チャペル
先般、日記にしたためた「サーカス」は、この罰金ハプニングのおかげで見つけたのでした。


ある平日、再びアルブルックのバスターミナルへ。
お、「罰金支払い窓口」がある、ある!!!
P1000554

私の長い旅も、ここでやっと終結するのね、、と思いながら、もう何人もの人に見せ続けた違反切符をこの窓口で見せた。



「あ、ここでは扱ってないです。”ろ・あんてす”で、□△※□×○※□☆×・・・・・」



無愛想なおばさんのスペイン語、後半はもう全く判別不能。
よく見ると、窓口の横にも「2008年の罰金は受け付けるが、2009年の分はPEDREGAL(これがどうやら”ろ・あんてす”のような気もする)で。」とセロテープで張り紙が。。。
どうにもこうにもお手上げ感でいっぱいだったので、夫から夫の職場のパナマ人の人にヘルプを出したところ、
「”ろ・あんてす”は遠すぎるので、会社から支払ってもらう方がいい」との事。
そんなこんなで、結局は会社の人に払ってもらった。
その日のうちに、夫の手には領収書が届いていたらしい。。。。
私はあんなに何日も冒険したのに。。。

海外生活は、やはりアドベンチャーワールド獅子座


”ろ・あんてす”については、「遠いところ」という事しか分からないまま、今回の件が幕を閉じそうだ湯のみ

|

« サーカス | トップページ | オドロ木 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

こんにちは。 初コメです。
私は夫がパナマ人で先月ちょうどパナマに帰国していたこともあり、このブログを読んでくみこさんの苦労が手にとるように!?分かりました。 長い長~い道のりでしたね。 ご苦労様です。 これからこのブログを読むのをとっても楽しみにしていますので、パナマの近況をどんどんUPして下さいね~。

投稿: izupon | 2009年6月 9日 (火) 19時39分

izponさま
わ、わ、わ~shine
なんとも心温まるコメントをどうもありがとうございますsign01
旦那様がパナマ人でいらっしゃるとは、これは何とも心強い方とお近づきになり、嬉しい限りですheart04
困ったことがあったら、相談ブログを書かせて頂くかもしれません。その際は、何卒よろしくお願いいたしますm(_ _)m

投稿: くみこ | 2009年6月 9日 (火) 20時08分

そんなたいへんなことがあったんだね〜crying
ろ・あんてすの場所が気になったので我が家の8つの地図&GoogleEarth(←いまいちパナマでは使いにくい)で調べてみたが、隣の隣の隣の県で「Los Santos」という地名は見つけたが…まさかこんな遠い所sign02
ダンナさんもこの間切符切られてたけど、そんな遠くまで行けって言われなかったよ…(・_・)?

投稿: おさる | 2009年6月10日 (水) 08時36分

本当に お疲れ様でした。
ハラハラ ドキドキ ・・・がくっ
て感じですが 海外生活の大変さを 冒険心で 楽しむなんて さすがです。delicious

投稿: みかん | 2009年6月10日 (水) 08時47分

おさるさま、
さまざまな地図を駆使して調べてくださってありがとうshine
ダンナさまは何処へ行かれたのでしょうねぇ。


みかんさま、
ご心配かけます。。m(_ _)m
ほんと、ガクッとなりましたcoldsweats02

投稿: くみこ | 2009年6月10日 (水) 10時24分

哈哈哈~happy01、ホント中国みた~い。
これぞ、先進国じゃないところでの海外生活の醍醐味ですよね。
しかし、車の運転しているとはスゴイ!
それにスペイン語もとても上達しておられる様子、スゴイスゴイ!

投稿: ふいず | 2009年6月12日 (金) 02時48分

ふいずさん、
中国みたいですか?
この感じはこの感じで、自分を客観的に見れると楽しいものですね~。トラブルの渦中にあるときは、結構凹んでましたけどsad
スペイン語、とんでもないのです。。。全くのカタコトです。。。

投稿: くみこ | 2009年6月12日 (金) 09時30分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/514369/45294100

この記事へのトラックバック一覧です: 長すぎる冒険:

« サーカス | トップページ | オドロ木 »