« マイアミ土産 | トップページ | 国立劇場 »

2009年11月23日 (月)

大学で暴動が・・・

先週18日(水)の話です。
朝10時からの大学の授業(パナマ大学の、外国人向けスペイン語コース)を受けている最中に、大学構内で学生の暴動がありました。

朝、いつものように車を駐車場に停めようとすると、何やらおじさんが「そこの道(トランシスミカという道)が10時からクローズするから、別の道から帰れる駐車場に停めた方がいい」というような事を言ってきた。
また学生デモか何かがあるのかな、くらいに思い、普通に教室へ。
授業も普通に始まり、30分ほどした頃、なんだか騒々しい人の雄叫びが聞こえてきた。
まぁ、これも時々あることだったのだけれど、程なくして、先生の旦那さん(何十年も大学に勤務されている人)がトントンと教室を覗き、「ちょっとマズい。今日は早めに授業を切り上げた方がいい。」的な事をおっしゃったようだ。
「え?え?なんて??」と、隣の席の生徒さんに聞くと、「顔にマスクをした学生たちが、騒ぎを起こしていて、かなり危険らしい。私達外国人は特に早く構内を出た方がいいみたい。」と(言ったと思う)。
そうこうしているうちに、バンバンバンという爆竹みたいな音がけたたましく聞こえてきて、もう本当に授業どころじゃない雰囲気になってきたので、皆、慌てて帰った次第。


後で何があったのか調べてみたところ、以下の記事を見つけた。
ニュースでもやっていたらしい。

《LA PRENSAというアメリカのサイトの記事》
http://www.laprensasa.com/2.0/3/309/452656/America-in-English/University-of-Panama-closed-after-disturbances.html
  ↑
いつの間にやらリンクが外されていた。。

《Yahooのニュース》
http://es.noticias.yahoo.com/9/20091118/twl-cierran-la-universidad-de-panama-tra-e1e34ad.html

《TVNというパナマのテレビ局のサイト、動画つき》
http://www.tvn-2.com/noticias/noticias_detalle.asp?id_news=24121

ちょっと解釈違いがあるかもしれないけど、おそらく、麻薬取引取り締まりの目的で米国軍の基地をパナマの沿岸地にいくつか配備する話があり、それに抗議していくつかの学生グループが蜂起した模様。。
パナマの米軍基地は、1999年12月にパナマ運河が米国からパナマへ返還された時に全部撤退したという経緯があるので、この配備が本当の話ならば、とても大変な事になりそうです。

なんとなく、今後の展開が気にかかる話です。。。

|

« マイアミ土産 | トップページ | 国立劇場 »

時世の出来事など。。」カテゴリの記事

コメント

かなりやばそうだったんぢゃん Σ( ̄ロ ̄lll)
全然知らなかったよ…ていうか、パナマってそんなに重要な麻薬ルートなんだね。まあ、なににつけ、警備ゆるいしね…
一般市民でジャンキーっぽい人はほとんど見かけないけどね。このへんではない いわゆる物騒な地区にはいるのかな? それともただの通過地点なのかな? ban

投稿: おさる | 2009年11月24日 (火) 18時38分

おさるさん、
コロンビアなら分かるけど、パナマがそんなに重要なルートとは思わなかった。。。でもほんとにそれが理由かどうかも分からないし、基地の話自体がほんとなのかもなんかよく分からないし、なんだかあんまり分かりません。。。

投稿: くみこ | 2009年11月24日 (火) 20時39分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/514369/46845525

この記事へのトラックバック一覧です: 大学で暴動が・・・:

« マイアミ土産 | トップページ | 国立劇場 »