« ワールドカップ熱 | トップページ | ちょっと燃え尽き症候群 »

2010年6月23日 (水)

おしっ○事件

5月末に、両親にパナマ旅行を案内した。
4月に我々が行ったサンブラスの話(http://kumikokumiko.air-nifty.com/blog/2010/04/post-c57f.html)をしたところ、とても興味を持って貰ったので、強行スケジュールを組んで遠出をしてきた。
その時の出来事。

「しもた!ウニに刺された」と言いながら海から上がってきた父。
手の親指にまだ棘が残り、何やらうっ血したような感じになって痛そうだった。
その島にいたクナ族のおばさま方に見せてみたところ、
「おしっこをかけるといい」とのこと。
うそや~んあせあせ(飛び散る汗)とか言って騒いでたのだけど、「針とかを使って棘を取ろうとすると余計に悪くなるから、おしっこで自然に治すのが普通だ。」との話。気付くと、さっきは居なかったおじさんとかまで一緒になって「そうそう」と頷いている。
「ほな、トイレ行ってきますわ。」と父はトイレへ。

しばらくするとクナ族の女性が私のところへ来て「お父さん、自分のおしっこをかけたみたいだけど、あれは他人のおしっこを使わなきゃならないのよ。お母さんかあなたは出ないの?」とのこと。
「無理無理無理~」と私も母も引いていたのだけど、早く処置したほうがいいとの事なので、母が足取り重くトイレに向かった。紙コップが無かったので、小さなポテトチップスの袋を持って。。。

すると、先程のクナ族の女性たちの中でも一番うら若き女性が母に何か渡している。
そう、彼女のおしっこあせあせ(飛び散る汗)

P1000876 彼女たちが言うには、「しばらく指をつけておかなきゃならない」とのこと。「わし、こんな経験は人生で初めてや。」と言いながらも、まだ生温かいそのビールのような秘薬に指をつけ続けていたら、痛みもうっ血もすっかり治ってしまったらしい。

最初、父が「ほんなら、あなたのをかけてもらって、」なんて冗談を言ってキャーキャー騒いでいたのだけど、本当にその彼女が自分の秘薬を提供してくれることになるとは思わなかった。

クナ族の皆様、親切だったぴかぴか(新しい)
なんか逆に楽しまれていたような感じもあったが。

|

« ワールドカップ熱 | トップページ | ちょっと燃え尽き症候群 »

パナマ国内スポット」カテゴリの記事

コメント

あ~そういや、子供の頃、クラゲに刺された時、同じこと言われたことがありますよ。「自分の」をかけた記憶はあります。

それにしても、この写真。なんかホンワカあったかい感じが伝わってきますよ。

投稿: k-chulo | 2010年6月24日 (木) 09時25分

k-chuloさん、
そうなんですか!「自分の」でも効果出たでしょうか。
今回の話をしていたら、結構他にも同じ経験をされた人がいることに気付きました。

投稿: くみこ | 2010年6月24日 (木) 10時40分

また、聞いてもしっかり笑える~~!!
サンブラスへ行かれたお父上は、地球紀行記のまるで主人公だったでしょうね~~!!
ウニに指された指はもう治られたでしょうか??

投稿: みどり | 2010年6月27日 (日) 06時41分

みどりさん、
こんにちは!!!
指は、痛みもうっ血もその場で治ったみたいです。すごいです、尿。

投稿: くみこ | 2010年6月27日 (日) 23時27分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/514369/48707423

この記事へのトラックバック一覧です: おしっ○事件:

« ワールドカップ熱 | トップページ | ちょっと燃え尽き症候群 »