« 今年のテーマはピンク色 | トップページ | TELETON? 愛はパナマを救う? »

2010年12月 9日 (木)

ラ・ニーニャ現象

最近のパナマシティは涼しいというか、下手すると肌寒ささえ感じる事があります。日本でいうと夏の終わりの「あ~、もうそろそろ秋の訪れかしら」っていう感じと似ている気がします。

未だよくその影響が解明されていないらしいラ・ニーニャ現象。
ペルー沖の太平洋の海面温度が下がって、そこからもたらされる空気で我々が肌寒いということか。

通常、パナマではもうそろそろ乾期の到来で、4月くらいまでは気温が高くてカラッとした気持ちのよいお天気が続くはずなのだけれど、このところ、恐ろしく雨が降っています。まだ降り足りないのか、と雨の神様に問うてみたいくらい、昨日は一日中どしゃぶりでした霧
車のワイパー酷使。彼も疲れていることと思います。

こんな天気が3月まで続くらしいともっぱらの話題です。。。

|

« 今年のテーマはピンク色 | トップページ | TELETON? 愛はパナマを救う? »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/514369/50259724

この記事へのトラックバック一覧です: ラ・ニーニャ現象:

« 今年のテーマはピンク色 | トップページ | TELETON? 愛はパナマを救う? »