« 2011年4月 | トップページ | 2011年6月 »

2011年5月

2011年5月21日 (土)

DELE受験

昨日、DELEというスペイン語検定試験を受けました。
英語でいうところのTOEIC的なものかな。
スペイン文部省が認定している検定試験で、スペイン本部のセルバンテスセンターが世界同時開催しているものです。

◆日本のDELEサイト◆
http://www.dele.jp/
◆スペイン本部のサイト◆
http://diplomas.cervantes.es/index.jsp

TOEICと違うのは、レベル毎に試験が分かれていて「合格」「不合格」という恐怖の試験結果が待っている事です。
改めて考えると、試験問題1本であらゆるレベルの人を点数で評価するTOEICはなかなか合理的なテストだなと思います。

私がどのレベルを受けたかはちょっと内緒にしておくとして、
以下のようなレベル分けになっています。
A1(入門)
A2(初級)
B1(中級)
B2(中上級)
C1(上級)
C2(最上級)
読解あり、作文あり、ヒアリングあり、面接ありと、1日がかりの試験です。

パナマでは2か所で開催されていて、私はパナマ大学で受けました。
いやぁ、疲れました。落ちている気がします。

やはりお国柄の違いか、日本ではあり得なさそうな光景の連続でしたあせあせ

まず、受験生に試験問題と解答用紙が配られ、解答用紙の名前などの記入の仕方を説明している段階で、もう既に問題の冊子を開いて読解問題を読み始めている人が・・冷や汗
「え~、まだ開始されてないからダメじゃんあせあせ(飛び散る汗)」と思ったのは数秒、制限時間の不足を最も気にしていた私は「ええい!それなら私も見たれ!」と罪悪感を感じながらもちょっと読み始めました。
先生が「では始めます。え~、いま23分だから25分から開始にしましょうか。あ、でももう始めてた人もいたので20分から開始ね!」と言った時は、
「あぁ、やっぱりこの国はやったもん勝ちなんや」と再認識しました。

あとは、「携帯は切りましたか!」と徹底していたはずの試験官の人達の携帯が鳴ったりだとか、ヒアリング試験中の試験官のコソコソ話だとか、そんなこんなで私は長時間の集中力が途中で保てなくなり、典型的な「焦った人」(何度も回答を消して書きなおす人)になってしまいました。。。ダメだぁgawk

まぁ、これは私の言い訳にすぎないですが、日本だったらもうちょっと厳粛な雰囲気が維持されてるんじゃないかな、と思います。
一長一短で、フランクな雰囲気のパナマで受けるメリットも大いにあった気がします。
また日本でも受けてみたいものです。

それにしても兎に角終わってスッキリしました~ぴかぴか(新しい)
試験数日前からは、まさに焦りの極みで、私のテンパりぶりに同期するようにお腹の胎児のイングリモングリ度合いが激しくなり、とんでもないストレスを与えていたのではないかと少々申し訳ない気分でした。
今日からはもうそのような事はないように努めたいものです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年5月15日 (日)

Playa Bonita (プラジャ・ボニータ)

P1050010

インターコンチネンタルのホテルで、パナマ市の中心街から車で20~30分程の静かな海岸沿いにあるホテルです。
P1060246
上記写真のおじさん人形の手先あたりにあります。
(初代おじさん人形は経年劣化で、ある日突然空中分解してしまいました。なむ~、、、。2代目おじさんは帽子をかぶったお洒落な人です。)

4月のSemana Santa(セマナサンタ、聖週間、イースター、復活祭)のお休みを利用して2泊ほどしてきました。

Playa Bonita=Beautiful Beach という名前。
太平洋側なので、カリブ海側と比べると取り立ててBeautifulという訳ではなくて人も殆ど海では泳いでいませんが、海を見ながら入れるプールが沢山あって快適です。
P1050051

この時期、ブーゲンビリア(かな?)など色んな花が咲き乱れていました。
P1050037_2

ホテルの内装も素敵で、いくつかあるレストランもそれぞれ美味しく、近場でちょっとした浮世離れ気分を味わうのもなかなかいいものだ、と感じました。


◆Inter Continental PLAYA BONITA Resort & Spa◆
http://www.ichotelsgroup.com/intercontinental/en/gb/locations/overview/panama-playabonitaresortspa 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年5月12日 (木)

カシューナッツの果実 marañón(マラニョン)

Img_3553

先日、スペイン語の先生の家の庭でなっているというカシューナッツの果実を頂いた。

marañón(マラニョン)というらしい。
ピーマンみたいな部分が果実、先にくっついているのが種子でカシューナッツ。
えぇ~、カシューナッツってボリボリ食べてたけど、一つの果実に一つしかついていない貴重なものなのね~~、とオドロキ目

これは、木になってる様子。
Img_3520

果実をジュースにして飲むらしい。
果実の香りは、お花のような甘くて馨しい香りと少~しリンゴっぽい香り。
半分に切ると白い果実が現れた。
P1050084
皮を剥いている時点でジュースがこぼれるくらいジューシーぴかぴか(新しい)

そのまま実ごとミキサーにかけて飲みましたが(食べましたが)、少し渋みがあったので、絞ったジュースにお砂糖などを入れるともっと美味しいかも。

Wikipediaによると、ブラジル原産らしい。
南米原産のものって、結構多いですよね~。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

« 2011年4月 | トップページ | 2011年6月 »