« ピアス | トップページ | 新コイン »

2011年10月 9日 (日)

重国籍

P1070358

パナマで産まれた娘の国籍は、パナマと日本の重国籍です。
日本の法律では22歳になるまでに国籍の選択をしなければならないようです。

ところでパナマでは、どの国籍の両親から産まれようとも、パナマで産まれたならばパナマ国籍を得る資格がありますが、日本はそうじゃないということを改めて知りました。
両親のどちらも日本国籍ではない場合、日本で産まれようとも日本国籍は得られません。
産まれた「地」を重んじるか、民族の「血」を重んじるか、の考え方の違いでしょうか。

ちなみに、国籍の選択をする際、「日本国籍を選びパナマ国籍を離脱する」と決めたところでパナマ政府的には、一度与えた国籍に関して「離脱」という考え方は無いようで、 日本で「私は日本国籍を選んでパナマ国籍を放棄します」と宣言する届け出をするに終わるようです。

う~ん、ちょっとトリッキーな感じが。。
深く突き詰めないことにしようと思います。

|

« ピアス | トップページ | 新コイン »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

私のような、某エルサルバドル国籍は役に立ちません。(笑)でも、パナマパスポートは、将来どうなるかわかりませんが、ブラジルでは、日本人とは違い、別途短期VISA取得は、不要ですし、カリブで言うと、トリニダードへも、そのまま行けます。よって、両方持っておくと最強かも!?まぁ、娘さんが、地球の裏側をウロウロするかにもよりますが。。。
米国のように、徴兵制度もないし、良かった?ですね。

投稿: たっく | 2011年10月16日 (日) 19時39分

たっくさん、
初めまして。コメント有難うございます。
なんとなく、将来自分の娘が中米をうろうろしてそうには思えないので、パスポートは記念に残しておくだけになりそうな気がしますhappy01

投稿: くみこ | 2011年10月16日 (日) 22時38分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/514369/52954589

この記事へのトラックバック一覧です: 重国籍:

« ピアス | トップページ | 新コイン »